高く売りたい方【仲介売却】

  • TOP
  • 高く売りたい方【仲介売却】

価格重視の不動産売却なら仲介売却

自宅を手放すとなれば、誰であれ正当な価格での売却を臨まれるはずです。こうした際に選びたいのが、仲介売却です。不動産売却のなかでも代表的な手法のひとつであり、多くの方が利用されています。ここからは、川崎区(川崎駅・東門前駅・川崎大師駅周辺)周辺で不動産売却を手がけるアーベストが、仲介売却の基礎知識をご紹介します。

仲介売却とは

仲介売却とは

仲介売却は、不動産会社が売主様(お客様)と買主様との間を“仲介”する、不動産売却手法のひとつです。売主様から依頼を受けた不動産会社は、チラシや新聞広告、インターネット広告などを使い、広く購入希望者様を募ります。

内覧などを経てお客様が購入の意思を示された場合は、そこから売却条件の交渉がはじまりますが、この交渉も基本的には不動産会社が代行します。その後売買契約に進んだ後も、不動産会社によるサポートが受けられるため、売主様に手間がありません。

仲介売却のメリットは「価格」

仲介売却のメリットは「価格」

仲介売却が持つ最大のメリットは売却価格です。当社買取は売却期間を大きく短縮できる点が魅力ですが、再販のための経費などにより市場相場よりも提示額が安くなってしまいます。一方、仲介売却はじっくり時間をかけて購入希望者様を探すため、条件が合致する人が見つかれば、売主様にとって満足のいく価格での売却が実現できます。

そのほか、前項でもご紹介したとおり不動産会社によるサポートが受けられるのもポイントです。適切な売出価格の設定や広告の掲載など、プロによる売却戦略を実践できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

媒介契約の種類

媒介契約の種類

仲介売却を不動産会社に依頼した際は、売主様との間で媒介契約が結ばれます。これは宅地建物取引業法で決められているという理由だけでなく、取引の内容を書面に明記することで、後々のトラブルを防ぐという役割があります。

なお、媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、それぞれに特徴が異なります。媒介契約を結ぶ際は、どれが自分に適しているかを考え、慎重に選びましょう。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、契約できる不動産会社が1つに限定される契約形態です。複数社への依頼や、売主様自身が買主様を見つけることはできませんが、専属となるために、不動産会社が精力的に売却活動を行ってくれるというメリットがあります。販売状況の定期的な報告義務が頻繁に課せられているほか、契約締結から5日以内のREINS登録も必須なため、売却活動がスムーズに進んでいくのは間違いありません。売主様が自分自身で行動しなければならない場面は特にないため、お手を煩わせる事もありません。

専任媒介契約

専任媒介契約は、専属専任媒介契約と同様に、契約できる不動産会社が1つに限定される契約です。また、専属専任媒介契約に比べると緩やかになるものの、販売状況の報告やREINSへの登録も義務化されています。専属専任媒介契約との大きな違いは、売主様が自分自身で買主様を見つけられるという点です。とはいえ、自身が見つけた買主様との間で取引を行う場合には、媒介契約履行手数料が請求される可能性もあるため、注意しておかなければなりません。

一般媒介契約

一般媒介契約は、売主様自身で買主様を自由に見つけられるなど、前述した2つの契約に比べてもっとも制約が少ない契約です。仲介を複数の会社へ依頼することも可能なため、不動産の露出が増えて早期売却につながる可能性があります。ただし、いくら露出が増えても、一般媒介契約だと不動産会社がそこまで積極的な売却活動を行わないため、必ずしも取引がスムーズに進むわけではありません。また、不動産会社に対する業務報告やREINSへの登録は義務となっていないため、売主様自身でさまざまな整理をしなければならず、負担が大きくなる可能性があります。